2009.05.03 Sunday

連休も佳境に。

入ってきましたよ〜

もぅ、曜日の感覚がまるでないです。


昨日の2日は、実家へ久々に家族そろって行っておりました。

父の誕生日が、6日。
甥っ子が7日。
で、亡くなった祖母が5日で、連休のお誕生日シリーズだったわけです。

甥っ子は他県で頑張っていますので、連休も帰ってこない。
姉にとっては、さみしい限りのようですが、自立して頑張るしかない拍手

で、母に「お食事会をしようビール」と提案したら

母「誰が用意をするの?」  と、単刀直入に聞くので

が「ああ、そりゃ、私がさせていただきますよラブ

と、言うとたいそう喜びまして。


ちょっと前までだったら、料理好きの母なので、出前とかほとんど取ったこともなく、全部作ってくれていたのですが、

寄るとしなみには勝てない…というのが実感でしょうか。

食事の用意をする間、しばらく台所で母と二人になりましたので、いろんな話をして。

母は、自分が年を取って、以前のように体力や、知力や、すべてのことが老化・・・と、いうか、衰えていくことに、劣等感を持ってまして。
(あ・・・、これは、シルバー世代の方、皆さんがそうなのかもしれませんね)
私が「今までたくさん頑張ってきたんだから、大丈夫だよラブ」と、いっても、聞き入れてくれません。

料理を手伝ってもらい(ちょっと、頼りにしているふり…嬉しい)、ちょっと、自尊心をくすぐったりして。

あははは。許してね。
老いては、子に従えなのよ。

久しぶりに大勢でいただいた食事は、
両親の胃袋と気持ちを少しでも満たすことができたかな。

子どもたちの会話には
「何をしゃべっているのか、まるでわからん」と言いますが、
それでも、楽しいようで。

今回は、ケータリングで実家で料理をしましたが、
久しぶりの実家の台所も懐かしかったな。

次回は、ぜひ、我が家で、義母とも一緒に
飲んで、食べて、お話しましょうビール熱燗豚

と、いうことになりましたラブ


料理をたくさん作るのは、たしかに、大変なこと。

でも、よかった。

独りよがりな気持ちかもしれないけれど、
少しの疲れと、
達成感と。


あと、どれくらい時間があるのか、わからない。
でも、なるだけ
笑っている、家族を見ていたい。と思う。


一緒にいるだけが、すべてじゃないよね。
離れていても、家族なのだと。
改めて、実感中ときめき


曇り3日は、天神〜博多駅方面にどんたくでした楽しい

| harmony0214 | - | 22:19 | comments(0) | - |

Comment
Post a comment









 
Pagetop
Calendar

<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

Search
このブログ内の記事を検索

Recent Comment
Trackback
Archives
QR Code